『オーバードライブ』。私は見に行かないけど、良い映画らしい!

『オーバードライブ』というラリー映画が始まった。大好きなラリーながら、御縁ないらしく見ていないのだけれど(見ない方が良いという神様の啓示なんだと思う)、見た人の評価は高いようなのでぜひ! また、女性からの「カッコいい~!」という感想多いため、ラリー人気上昇は間違いなし! なんたって『海猿』で海上保安庁にたっくさんの志望者が訪れたそうな。

確かにラリーって奥行きあって楽しい。何より街乗り出来るから、ヘタなスポーツカー買うよりずっと面白いです。タイの知人から連絡あり、F2というFF車のラリーシリーズが人気なので紹介してくれませんか、という。上の写真はタイのF2です。ホンダのブリオという新興国用のクルマなのだけれど、確かにカッコ良い。ラリーにも『H』マーク似合いますよ~。

はたまたミラージュも。オーバーフェンダー付けて競技車にしたらミラージュだって見違える。 こんな感じにして乗るのも楽しそう。まぁ三菱自動車にその気あれば、ですけどね。日本の自動車メーカー、トヨタを除き、競技に対しアレルギー持ってる。どうして楽しい方向を考えないのかと、私みたいなオタンコは理解出来ないです。

ヨーロッパの自動車メーカーは一段とカッコ良い。上のフィエスタもF2に出場している車両ながら、悔しいけれど全然違う。勝てませんワな。トヨタが次期型ヴィッツでどんな素敵な夢を見せてくれるか楽しみ。残念ながらトヨタ以外の日本勢は、もはや実用車作りにしか興味ないように思えてならない。ホンダですら競技と市販車は分けて考えているようだ。

上は私が今年のWRCドイツで乗るJWRCクラス(私は年齢的にポイント付かない。笑)のフィエスタ。1リッター3気筒で180馬力。レースで言えばF3のようなヤングタイガーの登竜門クラスだ。ローヴやオジェもJWRCでシリーズチャンピオンを取ってる。60歳のジジイはどこまで食い下がれるだろうか? ヴィッツもR2クラスに出場出来るモデルを作ってくれたら超嬉しい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ