アウトランダーPHEVとエスティマHV乗りはボランティアで避難所へ!

北海道の停電はしばらく続きそうだ。最悪の場合、本日の日暮れまで電気来ない地域も少なからず出る? もし北海道でアウトランダーPHEV&エスティマHVに乗っている人がいたら、出来れば今夜は避難所に貸し出すか、近隣の人に声を掛けて携帯電話の充電などさせてあげて欲しい。アウトランダーPHEV/エスティマHVには標準で100V-1500Wのコンセントが付いてます。

タップを持ち寄ってもらえば1台で1度に楽々100台以上の携帯電話やスマホの充電が可能。もし私のWebを読んでいてインバーター買ったという人は、プリウスなどハイブリッド車からも100Vを引っ張り出せる(電気自動車も可能ながら使い切ったら動けなくなるため推奨しない)。ウチにはアウトランダーPHEVも1500Wのインバーターもあるのだけれど、いかんともしがたい。

それにしても素晴らし過ぎる経産相だ。朝方、すぐに電力供給を開始しろ、と言ったので苫東厚真発電所のタービンなど壊れていないのかと思いきや、やはりダメージを受けていたようだ。あれだけ重くて高速回転しているタービンが左右に揺さぶられたらジャイロ効果で軸受けなど激しい負担掛かる。加えて巨大なタービンのため簡単にゃ修理出来ないと思う。

他の発電所をフルに稼働させても北海道で必要な電力は供給不可能。5日(昨日)時点で北海道電力の供給可能電力は455万kWだった。そして使われる電力はピーク時で374万kW。165万kWの苫東厚真発電所が使えないとなれば、290万kWになってしまう。10%程度の余裕を考えれば、110万kW程度の電力が足りない。つまり通電させた途端にダウンします。

ちなみに東北電力から融通してもらうことも可能(いつもは電力が余っている北海道から東北に融通している)ながら、最大で60万kW。やはり50万kW足りない。となると50万kW分の発電施設が稼働出来るまで、時間毎の計画停電をしなければならないだろう。北海道の人でハイブリッド車に乗っているなら、すぐ停電時に使うインバーターをポチることをすすめておく。

また、買い物に出られるならカーショップに行き、普通のエンジン車のシガーライターから100V-150W程度のAC電源を取り出せるインバーターを買うといいだろう。正弦波インバーターならパソコンくらい動かせるし、消費電力少ないLED電球なら家の中くらい明るく出来ます。もし近所にカーショップないなら以下の。普段も使えるので便利。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ