カーシェア

若い世代中心に「クルマを所有することの意義」を評価しない層が増えてきた。こんな人達はカーシェアリングの潜在的なユーザーでもある。もしマンションなどの集合住宅を持っていたり、管理しているなら空室対策にもなると思う。具体的に考えてみたい。

まず3世帯に1台というケース。カーシェアの場合、走行距離は多くないし、ブツける可能性だって大きい。したがって5年落ち/30万円程度の中古車を購入し、4年程度使うことを想定したい。すでに1台持っている人を会員資格とすれば、年間走行距離1万kmもいかないだろう。

保険は一般的に1台目のクルマに掛けているだろうから、それを使えばよろしい。もし1台目のクルマに加入していないなら、対人と対物に有効な「ペーパードライバー保険」を紹介し、加入してもらう。自損事故は返却時に外観の画像を撮ってもらい、確認していけばよかろう。

カーシェア入会時に10万円くらいの保証金を預かっておき、事故あったらそこから引き出して修理。もちろん軽微なダメージの場合、何回か貯めてから修理してもOK。また、車両価格が安いため、全損でも最大で30万円。これは滅多にないことなので、別個、共済システムを立ち上げるなどして対応すればいい。

使用料金は時間で課金。ガソリン代込みで1時間800円くらいか? 以上。車両価格30万円。4年分のメインテナンス+駐車場と自動車税などの諸税を含め年間40万円前後。近隣の駐車場相場+1万円くらいなら十分成り立つ。ちなみに管理者も空いている時間に使えます。

クルマがさらに売れなくなる、というイヤな話です。

<おすすめ記事>

One Response to “カーシェア”

  1. 匿名 より:

    カーシェアという形態がイマイチ理解しづらく思います。複数のメンバーでクルマの利用権を共有したとして、ニーズの多い週末に果たして順番が回ってくるのでしょうか。うまくいかない気がします。既存のレンタカーの仕組みで十分なのでは。

stocks for dummies

plasticsurgery.com.ua/ru/operaczii/mammoplastika/mastopeksiya/

дубленки киев

このページの先頭へ