クライスラーも破綻か?

ダイムラークライスラーがクライスラー部門を分社化する動きとなってきた。すでに昨年の秋くらいからウワサされていたことながら、ここにきてクライスラー部門の赤字をダイムラー部門でカバーすることに納得できない株主を抑え切れなくなってきているようなのだ。実際、クライスラー部門の状況はGMやフォードと全く同じ。燃費の良い新型車を開発できず。ダイムラー部門でカバーしようとしたものの、コストダウンという最も大切な技術を持っていない。本来なら三菱自動車がクライスラーの中核になるハズだったけれど(実際、PTクルーザーなどに搭載される2,4リッターエンジンは三菱が開発した)、ダイムラークラスラーと関係なくなってしまったため、これまた失敗。三菱自動車から手を引いた時の決断力を考えると、クライスラーの分社化は案外早いかもしれない。分社後のクライスラーはどうなるか? バックアップする企業が出てこない限り厳しかろう。新聞などによればVWやゴーンさんが興味を示しているという。もし引き受けるとしても、破綻しチャプター11の申請をしてからになると思う。何せダイムラーでさえ手放すのだ。分社化したら破綻への道をまっすぐ進むだろう。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

agroxy.com/prodat/zhmyh-159/chernigovskaya-obl

обращайтесь youtube.com

https://ka4alka.com.ua

このページの先頭へ