テスラモデル3のスペックに驚く。リーフ、厳しい!

ナゾに包まれていたテスラモデル3ながら、ひた隠しにしていたバッテリー容量など様々なスペックが解ってきた。いろんな意味で「スゴイね!」と思う。こら自動車メーカーもウカウカしていられない感じ。ということで最も気になっていた電池容量だけれど、大容量タイプで80,5kWhでした。

80,5kWhあればブレーキとの協調回生技術を持っていないテスラでも、6kmくらい走ると思う。容量の90%を常時使うとして航続距離432km! 実航続距離に極めて近いアメリカ『EPAモード』でも496kmというからスゴイ! ちなみに標準スペックでEPA航続距離352km。

アメリカZEV規制のピュアEV認定は航続距離300km以上だから、標準仕様でも余裕でクリア可能。気になる標準の電池容量だけれど、性能から逆算すれば56~60kWhということになる。驚くには価格で、スターティングプラスが3万5000ドルだ。30kWh電池積むリーフと同じ。 

さらに驚くのが車重。標準スペックで1740kgだという。モデル3はリーフより一回り大きく、電池容量だって大きい。なのに価格も重量も大きく変わらない。どうしてこんな価格設定になるのだろうか? 40kWh電池積む新型リーフをいくらで販売するのか不明ながら、けっこう厳しい戦いになる?

パナソニックとテスラで共同開発した新しい電池を搭載していると思われるが、大きく進化したかもしれない。とりあえずアメリカ市場で電気自動車を販売するなら、少なくともモデルSを超える300km以上に実用航続距離を確保しながらお買い得感のある価格を付けなければダメだ。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

https://progressive.ua

велосипед Comanche Strada Pro

https://vorteleather.com.ua

このページの先頭へ