プリウスの価格

TVをつけたら「朝日新聞によれば新型プリウスの価格は205万円くらいになるそうです」。ええっ? ホントかよ! Web版を見ると確かに出ている。あり得ない話だと私は思う。なぜか。まず装備内容。現行プリウスの233万円はサイドエアバッグもVSCも付いていない。しかしトヨタの方針により、基本的にこの二つは付けるはず。

排気量を上げて車体を大きくして燃費改善して40万円以上の値下げが出来たら驚く。なんせオーリスなどより安くなっちゃいますから。同時に「継続生産車は200万円を切る」と書いてある。これまた205万円の新型プリウスを考えれば200万円を切るどころか170万円くらいにならなくちゃおかしい。朝日新聞は記事の考証を行ってるんだろうか?

実際価格はどうなるだろう。おそらくリーマンショックまで値上げするつもりだったと思う。日本人にとって排気量の拡大=高額化。300cc上がれば20万円くらい高くなっても不思議じゃない。加えて新型はベーシックグレードにもサイドエアバッグやVSCが標準装備されること確実。そんなことから、雑誌などの記事(私も書いてきました)を見ると現行モデルの20〜30万円高くなるという流れになってます。

ただ直近の景気の悪さはトヨタだって認識している。加えて徐々に判明してきた新型プリウスの情報を見ると、興味深いことに性能の向上だけでなくコストダウン策もキッチリ入ってたりして。例えばモーターを高回転型にすることにより、驚くほど小さくなった。インバーターもふた周りくらい小さくなり、構造もシンプルになってます。もしシャシが専用でなくオーリスあたりの量産モデルと共用していれば、さらに有利。

といったことを考えると、今までの予想より安くなるかもしれない。ベースグレードの価格はサイドエアバッグとVSC付きで現行モデルと同等の価格という可能性すらある。装備内容を揃えれば10万円程度の実質値下げということです。そんな価格で新型が出てくれば、それこそ技術力の勝利。私の次期車も決まりです。

<おすすめ記事>

5 Responses to “プリウスの価格”

  1. ZZMG より:

    オイラも車を知らないの記者の事実誤認の作り話、と思ってますがいまだ訂正されず。ググってみるとこのライター、車関係の記事をいくつか書いてます(組合とか多いですが)。株価の不正操作?とも思いましたが3/11は軟調で下げ気配。特に反応は無かったようです。
    万が一事実だとしたら、国沢先生は新聞を信用しなかったオロカモノ扱いされちゃうのかもしれませんが、こりゃ車好きなら十人が十人とも『嘘だろ?』って思っちゃいますよね。本当に次期プリウスがこの値段ならバーゲンプライスどころか現金配ってるのに等しいと思っちゃいますよ。新社長就任のご祝儀ですかね?w

  2. 最後のアミーゴ より:

    今朝(13日)の日経一面の大見出しにも200万切るの文字が踊っていました。
    車の専門家でない記者の情報を、何処まで信用して良いのか疑問です。
    所詮自分も一般人だから、真相はわかりませんよ。
    だけど最近、新聞業界も早さばかり競って正確性が欠けている様な…
    ちなみに新聞輸送業に従事してます。刷り出し23時20分。
    あくまで梱包の隙間から見出しが見えただけで、中身はわかりません。

  3. アマチュア部員 より:

    205万円という価格が本当かどうかは分かりませんが、トヨタがインサイトの価格を意識していることは、現行型プリウスを兼売することからも分かりますね。
    両社が競い合うことは我々消費者にとっていいことかもしれませんが、過度な価格競争はマイナス面もあるかもしれません。
    理由は、ハイブリッド車は整備や修理などは専用の設備を整えたメーカー系ディーラーでしか出来ないと思います。(現時点では)
    当然、リビルト部品や中古部品を使って町の修理屋さんで直すということも不可能です。
    過度な価格競争で車両本体では儲けが出せなくなった場合、買った後の定期点検、車検、更には保証期間が過ぎた後の修理などで儲けを出そうという収益構造になってしまったらユーザーにとってプラスにはならないと思います。
    もし上記のようなことになったら、正に「車のデジタル化電化」です。
    最近のノートPCなどは本体購入時は安いですが、保証期間を過ぎてから修理に出すと新品が買えるほどの修理費が掛かることもしばしば。
    まさかハイブリッド車がそんなことになるとは思いませんが、今回の「新型プリウス205万円から」という報道を見て、ふとそんな心配をしてしまいました。

  4. おはぎ より:

    自分も取材対象となった経験から言いますと、新聞記者の中には、最初から「思い込み」を持ち、それを証明するコメントだけを集めるという方がおられます。どうせ無署名記事なんだし、捏造したほうが早くないかい、なんてこちらが思っちゃう位です。昔、レクサス販売店がオープンした時に、「レクサス対策はどうするんですかっ!!」とヤナセ販売店とBMW販売店が地元新聞記者の取材を受け、「そんなもの、ありません。」と答えたら、「そんな事ないでしょう?あれだけ世間で騒いでいるのだから何かオタクの店として対策を考えておられるのでしょう?教えてくださいよ。」と一時間も粘られて困った、と両者の店長がぼやいてました。

  5. Ito より:

    1.8Lの次期型が205万円も十分にあり得るのではないでしょうか。現行型はこの前の夏に7万円の値上げをしていますが、原材料価格は現在落ち着いているので、その7万円は元に戻せるはずです(そもそも低燃費車特需による便乗値上げに近かったと思いますが)。現行型は値引きを30万円以上している例もありますので、ワンプライス販売という条件さえつければ、37万円は安く売ることが可能なはずです。プリウスのSは238万円なので、現状でも200万で売ることができる計算です。次期型ではサイドエアバッグやS-VSC、スマートエントリーが標準化されるので、差額の5万円がそれらの装備に充当される計算です。
    エンジンが大きくなると高くなるという話もありますが、エンジンは気筒数や機構が同じなら、4気筒1500ccでも4気筒1800ccでも大して原価は変わりません。しかも、プラットフォームはカムリ系のものになりますので、コストダウンは現行型以上に進んでいるものと思われます。
    最初から特大の値引きがされた状態のメーカー小売希望価格を出せば205万円も可能な数字のはずです。
    そもそも、車は値引き額(ふっかけてある額)が大きすぎます。車によっては50万以上の値引きがあったり(笑)
    新聞やTVCMの価格見て、240万と出ていたら「高くて買えないな」と思いますが、205万と出ていたら「買えそうだ」と思う人が多いでしょう。たとえ240万の車で35万の値引きがあっても値引きに詳しく無い人は高いと思ってしまいます。そういったロジックではないでしょうか。
    いずれにしても、次期型プリウスは驚くほどのお買い得感を持つのでしょうね。

http://pillsbank.net

http://pillsbank.net

http://pillsbank.net

このページの先頭へ