三宅島レース

今年11月に三宅島で開催されるバイク競技に関するニュースが流れた。

内容を見るとコースの下見をした2輪のレーサーが「とうてい無理」と競技をしないよう勧告したのだという。これ、当然の意見。予想もしてました。

考えて欲しい。もし「コルシカ島でスピード競技をやりたいのだけれど」、とF1ドライバーを連れて行けば「こんなトコロじゃ出来ない!」と即断するだろう。実際、パワーの少ないF3を使ったって危険。けれど毎年WRCが行われています。三宅島もレースの感覚で競技をやれば危険だと思う。

むしろラリーのようなコンセプトにすればいい。全コースをいくつかに分け(火山ガスの高濃度地域や危険箇所を競技区間に入れないで済むし、市街地などの交通規制もしないでOK)、SS方式を採用するという手もあります。その場合、車両は公道を移動しなければならないためナンバー付きに限られるから、絶対的な性能を低くすることも可能。

さらにコース上の危険箇所に表示を出すという手もある。ラリーで言えばコ・ドライバーがやっている役割をコースに表示すれないいのだ。例えば『右5 すぐ左1』とか『左7 コーション! コース外側岩』といった具合。安全を確保する方法はいくらでもあると思います。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

orca cooler

www.alt-energy.in.ua

porn torrent

このページの先頭へ