三菱自動車も課題山積

三菱自動車の黒字はPSAグループへのOEM生産が大いに寄与している。プジョーとシトロエン向けのアウトランダーの販売台数、三菱自動車ブランドより多いのだった。次期型アウトランダーもPSAグループの台数を前提にして開発したんだと思う。そのPSAグループが欧州の経済危機で厳しい状況になってます。

一方、チャプター11(再建型倒産)を経て絶好調になったGMの数少ない課題は欧州戦略。オペルの売れ行きが回復せず、赤字状態である。独自に動いていたものの、PSAグループとチームを組むことにしたようだ。とりあえずPSA株の7%を取得するという。
プジョー家も「このままじゃ厳しい」と判断したのだろう。

こうなると厳しい立場になるのが三菱自動車だ。三菱自動車の経営陣はアウトラン
ダーを売るため、ゴーンさんがヘソを曲げるのを承知でPSAグループと仲良くしてきた。PSAグループ、ルノーのライバルなので、本来なら次期型から供給をやめるべきだったと思う。結果的に日産は三菱自動車と遠くなった。

PSAグループにとっても三菱自動車は便利な存在だったので付き合ってきたのであり、資本提携などは考えていない。おそらく遠くない将来、GMグループからアウトランダーの後継車を引っ張ってくることだろう。WRCやパリダカの名声があったため三菱自動車製のクルマは人気だったが、今やどうでもよい。

マツダと同じく三菱自動車も難しい経営をしなければならない。アメリカと欧州工場を畳むため工場は日本が主体。経営陣のモータースポーツ嫌いのため、世界的にブランドイメージが薄れてしまっている。日産と緊密に提携すればアライアンス効果を見込めたものの、ゴーンさんが日産のTOPでいる間は難しい。

かくなる上はアジア主体で頑張るしかあるまい。タイで生産する次期型ミラージュを使ってモータースポーツにカムバックし、大暴れする。タイの利益で現地法人の宣伝部門が勝手にやっている、ということにして本社経営陣の許可を得ればよかろう。といったようなことをやらない限りアカンです。

・ECOカーアジアは「」

<おすすめ記事>

6 Responses to “三菱自動車も課題山積”

  1. 白木 晴幸 より:

    とうとう来ましたか三菱。モータースポーツから撤退した時点である程度予想されていましたが…。いまさら三菱とマツダが組んでもメリット薄いでしょうし。
    どちらも経営陣に難点アリなんですよね。とりあえず、どちらも自分の〝イチバン〟の得意分野で勝負を懸けるしかないですね。
    それともっとジョウズに『宣伝』にカネをかけなきゃ…。

  2. さね より:

    いやーまたまた三菱もヤバいんですか… マツダよりは三菱グループが助けてくれるだけマシよーな? しかし厳しい会社が時期アウトランダーなどSUVで活路を見いだすのは面白いですね。コルトもありますが儲からなそう? ただ安いだけな気もするし…。出てみないとわからないですけど。デザインはCXー5より時期アウトランダーと言われてるやつのほうが好みです。 両社ともモータースポーツとは無縁ですね今ではすっかり。
    日本はともかく世界ではブランドイメージ的に大切なんですね本当に。でも仮にモータースポーツに金かけても、もう勝てる技術力もないのかもしれないし、金がないのでしょう。買い替えの時は三菱も候補に入れてあげないとな。 CXー5の時いいましたが、一般の消費者より自動車で食ってる人、特に著名な自動車評論家先生が買ってあげるのが一番の宣伝になりそうだし、率先して買ってあげるのが人情な気がします。まあ三菱やマツダ自身のツケだから関係ないとゆわれればそうですけど。 しかし民主党に政権を取らしてあげてから、自動車だけでなく日本事態がすっかり落ち目だなぁ。選挙の投票ツケは国民自身に帰ってくるんですね。ただ官僚の人たちも国益をそこなうことがないよう、なにも知らない政治家先生方を助けてあげたらと思います。自分達の私益など天下り先の確保に専念しないで。本当にかぎりなく犯罪に近い気がします。大震災の対応など人殺しでしょ。 話はそれましたが三菱頑張れ!先生もリーフでなくミニキャブEVかiミーブに変えたらどうですか? 自分には電気自動車はまだ買う気がないので内燃機関車でいろいろ検討します。頑張れ三菱! だけど自分が子供の頃からすると物凄い落ち目になったんですね。三菱にマツダ、こんなになるなんて… 自業自得もあるでしょうが運もないよーな? ともかく買いたくなるような車を作ってください。

  3. 小林 英弘 より:

    すっごく素朴な感想ですが…海外ではSUVって人気あるんですね〜欧州市場でも売れてるんですね〜。確かにカッコイイですよ。男っぽいというかアクティブというか、爽やかなイメージはありますね。タイヤも扁平率が高いので基本的に乗り心地は良いですし、視点が高いので運転してても気持ちイイですよね。アウトランダーももっと売れてもいいと思いますが…どうなんでしょう? 今は「エコカー」ブームですから、さすがにSUVはこのブームとは対極にあるイメージが強い分、厳しいですよね。「エコなSUV」って…ちょっと想像しにくいですし…(笑)。
    それプラス「ふ〜ん」て思うのが「今の自動車メーカーの経営陣の方々のモータースポーツ嫌い」ですねぇ。私も「ランエボ消滅!?」なんてクルマ雑誌で言われてた時には「ないない、あり得ないよ〜」って思ってましたが!ホントにランエボがなくなっちゃいましたから! あれはびっくりしましたね〜。あれ程絶大な人気を得て「三菱の顔!」みたいな存在だったランエボをやめちゃうんですから、さすがにびっくりしましたねぇ〜。私はランエボは乗った事はありませんが、三菱のエンジンはどれもトルクフルですので漠然とイメージはできます。「エンジンの吹け上がりはホンダ車程ではないが、とにかく分厚いトルクでグングン車速を上げていく!」感じでしょうか。
    前回のマツダも今回の三菱も頑張って欲しいですね〜。特に三菱のエンジンは軽四用のヤツでもとにかくトルクがあって乗りやすいですから(←ウチの市役所の公用車の多くは三菱の軽自動車です)、頑張って欲しいですね!

  4. COLT より:

    三菱ってゾンビのようなメーカーですよね。
    10年前に「潰れた」と思っています。だからこのままの方向でいいんじゃないでしょうか。
    新型ミラージュ、プジョーマスクの座りも良さそうです。コルト1.5Cのエンジン、ミッションを積んで106ラリーを復活させてほしい・・・・・こう言うのが贔屓のナントカなんですよね。うーん・・・・・。

  5. 阪神ファン より:

    マツダはルマン、三菱はパリダカ・・・。
    私にはこういうイメージがあります。
    マツダも三菱もがんばってほしいですね。

  6. 那須与一 より:

    OEM版アウトランダー、RVRのプジョーシトロエン版を販売してくれるなら、少し高くてもマジで買いますよ。
    特にRVRのプジョー版は、フロントが違うだけで「なんでこんなに違うのだろう?」という素敵なクルマですよね!中身は三菱、外見はプジョー最高な組み合わせです。三菱はOEMでガンガン行ってほしいです!

купить матрас киев

askona.ua/matrasy/190x120/

читать дальше askona.ua

このページの先頭へ