古くなったナビはスマホ連携機にしたらいかが? 2万7800円から買えます

サンバーに付けた3万2400円の格安一体機について書いていたら、少なからぬ人から「今付いているナビがもう古いので交換したくなりました」という話を聞いた。なるほど10年近く使っているナビ、道路も新しくなっている上、案内ルート情報なども古い。格安の取り付け業者に頼めば全て込み5万円くらいで新しいナビに変えられる。画面だって今や7インチがミニマムだし。

もちろん私が買ったナビ一体機でもいいけれど、本当に交換を考えているならアップルカープレイか、アンドロイドオート対応機などいかがだろうか。上はパイオニアの製品。スマートフォンのケーブルを差し込むだけで、スマートフォンと同じ画面出てくる。今やヘタなナビよりスマートフォンのナビの方が親切だし地図だって常に最新だ。最安値で4万200円。

もっと安いのはないか、というならノーブランドから探すという手もある。といっても中華製品は激しくバラ付きがあり、文字通り玉石混交。私なら多少高くても日本ブランド(工場は中国が少なくない)を選ぶけれど、下の製品なんか2万7800円。4×4のフルセグチューナー付きでも3万4800円と相応インパクトある価格だったりします。レビューの評価だって悪くない。

サンバーのナビ、人柱覚悟でこれを試してもよかったかな、と思ってます。もちろん日本ブランドでさらなる機能を持つスマホ連携機もある。6万円くらい出すとオーディオの音質だって一段と良くなるようだ。考えてみたらWRX S4には何の端末も付いておらず。アップルカープレイ対応機など付けてみようかしら。スマホのナビ代わりや、PNDってオーディオを楽しめないのがアカン!

個人的にはで購入可能。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ