日産の将来は明るい?

日産が『グリーンプログラム2010』を発表した。

内容をチェックすると申し分無し! 100点である。2010年に独自開発のハイブリッドと3リッターカー(ガソリン3リッターで100km走る、という意味)、アメリカの次世代規制BIN5対応のディーゼルまで発売するという気合いの入ったもの。ハイブリッドとBIN5クリアのディーゼルは日本の自動車メーカーにとって絶対必要なアイテムである。実現すればイッキにトヨタやホンダと並ぶ。

私は自動車メーカーを信じている。というか今までウソをつかなかったから、世界中から支持されているんだと思う。グリーンプログラム2010を見ると、トヨタやホンダが当たり前のようにクリア済みの『ユーロ4』クリアのディーゼルを「2007年度前半に投入」と書いてあるあたり、正直だ。

日産が立てた目標、相当に高いハードルであることは間違いない。富士山にも登ったことのない人をエベレストに登らせる、と宣言するようなもの。2010年ということから逆算すると、未だ現物は存在しないだろう。けれど素人の夢じゃありません。数々の実績を持つ往年の名アルピニストが「新人を育てる!」と言ったのだ。開発資金さえ確保できればきっとクリアするに違いない。というかクリア出来なければ日産に将来はないかと。つまり背水の陣を敷いたということです。こうなった時の企業や人は強い。日産の今後を楽しみにしたいと思う。

そうそう。以前間違いを指摘した日産ニュースに記載されていたアルティマ・ハイブリッドのモーター出力、先程見たら訂正されていました。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

Велосипеды Author

www.steroid.in.ua/products/dekaver

https://apach.com.ua

このページの先頭へ