無免許運転は25点

人気TVタレントが失効している免許証でクルマを運転中、他の違反で捕まり無免許運転の赤切符を切られた。その後、悪質性が無いと言うことで不起訴になったという。当然だ。免許の資格は多くの国で「生涯」。日本だって船舶免許は生涯有効だ。したがって「無免許運転」じゃ厳しすぎるだろう、と以前書いた。

問題はここから。普通、反則切符を切られると、不起訴処分となった場合であっても、青切符/赤切符問わず点数は加えられてしまう。「異議申し立て」という手続きが可能だとされているものの、基本的に認められない。反則金を払わなくて済んだのに、加点だけされてし
まうということです。私のケースを紹介しておく。

3年ほど前のこと。30km/h制限区間でネズミ取りに捕まった。51km/h出していたという。しかし! 計測区間のすぐ手前の路地から出てきたため、51km/h出そうとすればフル加速しなければならない。なんでそんな数値が出たのか?
 こらもう簡単。レーダーの直前にパネルバンが止まってたからだ。

51km3.JPG

パネルバンの向こう側にレーダー。そもそも駐車違反かと

このパネルバン、飲料の自動販売機の入れ替えのため止まっており、道路にハミ出していた。とうてい51km/hも
出ていなかったため(メーター誤差を考えれば60km/h近くを表示していたハズ。そんな速度出てなかった)、写真を撮る。もちろん「出していない」と主張
し、供述書を取ってもらう。
 
1008.jpg

パネルバンはハイエースの手前に駐まってました

その後、警視庁再捜査で終了(書類を検察庁に送る
前にもう一度警察で供述書を取られる)。当然の如く反則金も罰金も払わず。不起訴か起訴猶予になった、ということです。そもそも私のケースは100%レー
ダー波の干渉。なのに加点されてしまった。抗議するもてんでダメ。ゴールド免許を失ってしまうことに。

そういった点からすれば、今回TVタレントの無免許運転を不起訴処分にしたのと同じこと。ということはタレントも25点加点されるのか? 25点加点されると2年の欠格期間になってしまう。つまり無免許運転の赤切符を切られたタレントは罰金の類(刑事罰)こそ免除されるものの、25点の加点を喰らうワケです。

すると行政処分によって免許取り消しの上、2年間免許が取れないハズ。逆に点数を加えられていなければ、すぐに運転出来る。果たしてどうなったのか? もし運転出来るの
なら加点されなかったということ。弁護士の皆さん、ぜひとも不起訴処分時の点を取り消す訴えを起こして欲しいです。 

・ECOカーアジアは「」

<おすすめ記事>

8 Responses to “無免許運転は25点”

  1. SINGLE MAN より:

    交通違反の点数は減点ではなく加算では?
    「引かれる」のではなく「足される」が正しいかと…
    論旨とは関係ない事ですが気になりましたもので…

  2. さね より:

    はずかしいですが身内が免許証更新を忘れてて、一時停止をしなかったと警察にゆわれ、無免許とゆうことでキップきられましたが、確か一時停止だけ切られて、免許証無くなりましたがすぐ教習所にいって、2ヶ月ぐらいで車のってました。 10年ぐらい前の話です。詳しくは当時は自分にはよくわかりませんけど、ゆるかったんですかね? ただ教習代やら金かかったらしいから、考えてみれば教習所に免許センター、免許更新など金かかるばっかです。これどうにかもっと安くならないですかね? ならないんだなこれがまた… 治安維持の目的もあるのでしょうけど。もっと安く簡単でも問題ないはず。でもヤッパリならないんだな、これで生活する人たちがいっぱいいるかぎり… 悪質な運転、本当のめいわく駐車、飲酒運転などはバシバシとりしまって、他は注意だけや、臨機応変に優しく対応してほしいです。

  3. 違反 より:

    交通違反キップ制度ができた当時、簡単に取締が行われ、過剰な違反者がでることを恐れて、警視庁は各警察署に以下の通達を行なっています。

    交通取締り指導のあり方として
     「交通指導取締りにあたっては、いわゆる点数主義に堕した検挙のための検挙あるいは取締りやすいものだけを取締る安易な取締りに陥ることを避けるとともに、危険性の少ない軽微な違反に対しては、警告による指導を積極的に行うこととし、ことさら身を隠して取締りを行ったり、予防または制止すべきにもかかわらず、これを黙認してのち検挙したりすることのないよう留意すること。」と通達してます。
    ねずみ捕りの類いの取締は、日本独特の非常識極まりな行為で、米国や欧州、東南アジア、中国、韓国でも遭遇したことはない、日本の悪習です。
    私は、同通達文をコピーして車の車検証に入れ、ネズミ取りの警察に注意してます。ネズミ取りのほとんどは、警官自ら駐停車違反をしてますので、写真撮影し所属する警察署の交通課課長に提出してます。

  4. 小林 英弘 より:

    警察が「不起訴」を選択し「刑事罰」を課さない意思表示をした時点で「行政罰=違反点数の加算とそれに伴う免許の停止・取消等」を課す根拠も消滅している、と思うのですが? お話のケースでは「警察がレーダー速度測定器の誤計測を認めた」が故に「警察が起訴を見送った」からこそ「刑事罰=犯罪行為に対するペナルティ」が課されなかった訳ですから、当然「それに連動して」発生する行政罰の根拠事実それ自体が警察の判断によって「無罪放免!違法行為なし!」と決せられたと解するのが「常識的かつ妥当な」判断だとしか思えませんが!?
    刑事罰と行政罰を比較検討すれば、明らかに「刑事罰>行政罰」となるでしょう。そもそも「行政罰」というモノは「税金の長期滞納に対する督促手数料及び法定金利による延滞金徴収」等の「行政行為を円滑に行なう際に支障となる行為(行政の求める行為を行なわない事=不作為による行政運営に対する「妨害」を含む)」に対して地方税法その他の各種根拠法令に基づいて執行される「不利益行政サービス」であり、その執行に際しては細心の注意と判断が伴うものです。
    私がかつて税務課収納係(=徴収係)に在籍していた時には、例えば、国保税1期分(=9月30日納期)を9月29日に市役所の指定金融機関ではない金融機関(=当市は114銀行(=香川県の第一地方銀行)が指定金融機関なのでそれ以外の香川銀行とか高松信用金庫とか)で納付したある一市民の元に国保税1期分に対する「国保税1期分未納に対する督促状」が送付された場合、「実際に税金の納付が行なわれた支店から当該金融機関の「集中センター」に納付情報が届くまで2〜3日→集中センターでの入金データ処理に1〜2日→指定金融機関である「他銀行(=この場合は114銀行)」に対する入金情報の伝送に1〜2日→指定金融機関での入金処理(=この場合では国保税1期分に対する入金確定処理)に半日〜1日はどうしてもかかりますので、この様なケースでは「国保税1期分の納期の1日前にキチンと納付した」という情報が金融機関間の情報連絡システムの物理的必要日数が故に税務課収納係に届かず(←この手のケースでは入金情報が届くのは当人が入金してから早くて一週間後!)、結果としてその人に督促状を発送してしまい、当然の事ながらその人の逆鱗に触れ窓口に鬼の形相で訪れたその人の抗議に対して徹頭徹尾平謝りするしかない事態が毎回の様に発生します。たかが100円の督促料、されど!その人にとっては「期限内に納付したにも関わらず役所の奴等がこの俺に督促状なんぞ送ってきやがった!」と逆鱗に触れ激怒させてしまう、行政による「不利益サービス」とはその位シビアな物なのです。私も上記の様なケースで何度善良な市民の方に対して頭を下げたことか…
    なので同じ行政に携わる人間として、警察が立件を見送った事案に対して行政罰を課す「心理」が理解できない! ズバッと言えば「狂ってんのかお前ら!?」です! 同じ行政人として情けない! 「お前らはターミネーターか?マシーンか!?」と問いたい! そんな感想を抱きました。「行政不服訴訟」など活用してみてはいかがでしょうか?
    PS: しかし…レーダー速度計測器の語計測って本当にあるんですねぇ! 恐ろしいですね! 私もオービスの真下を通過する際に横の車線で「オービスが光らない許容範囲内の速度」でトバしてるクルマがいるとヒヤヒヤします。「コイツのスピードでこっちのオービスが光るんじゃないか!?」って考えてしまいます。しかしこのお話は余りにも…ですねぇ。なんとかならないのでしょうか? 法定にまで持ち込めば多分100%勝つんだとは思いますが…。

  5. 下澤 淳 より:

    警察と揉めると後々面倒ですから、なかなか文句言う人いないですね。私もおかしいと感じたら意見するようにしてますけど今のところ私自身が理不尽な目にあった事はないです。
    私の経験ですがパトカーの上に載ってるスピードガンみたいな装置があるのですが、レー探でも反応しませんし雨の日でもかなり正確に速度を計測できます。おそらくすれ違い様でも速度超過を測定出来る可能性があります。
    TOKIOの山口さんの場合は無免許の部分の加点は無しで、進路変更だけが加点の対象になるんじゃないでしょうか。もし同じようなケースで無免許運転で25点喰らった人がいたら訴えたらいいと思います。飲酒とか死亡事故とかの悪質なケースの組み合わせでなければ勝てるかもしれません。
    運転免許総合案内所

    抜粋: 特別な理由がなく、うっかり更新手続きを忘れてしまった場合で、失効後6ヶ月超〜1年以内の方は、普通自動車免許、大型自動車免許保有者だった方に限り、一部試験が免除されるようになっています。

  6. ミルクティー より:

    写真週刊誌では自動車教習所に通う山口メンバーの写真が掲載されてましたね。既に路上教習だったから、加点無しだったようですね。ジャニーズの弁護士は警察権力より上なんだなと感じました。

  7. 小川敏正 より:

    取締場所、日産荻窪工場跡地沿いの道路みたいな? 違反車引っぱり込むスペースは民有駐車場では? 隣の家が所有者宅。
    取締に八つ当りする輩の迷惑行為も考えられるのに、安易に警察に協力するのもどうかと思う。かつ、民有駐車場利用し
    所有者宅までペラペラしゃべる警察もどうかしている。

  8. yuta より:

    不起訴になったというニュースのとき、すでに免許を再取得している旨のテロップがついていたと思います。

диспенсер для воды

www.diploms-home.com

www.etalon.com.ua

このページの先頭へ