間もなく発売のN-VAN、最初から実質的に25万円以上の値引き?

ホンダが間もなく発表されるN-BOXベースの商用バン『N-VAN』の詳細スペックを公開した。すでにたくさん情報が流れているし、ホンダのWebサイトに行けば写真や装備内容まで出ている。まぁイメージとしちゃルノー・カングーのホンダ版といった雰囲気。遊びの相棒として使うなら最高だ。N-VANの面白さは、乗用車として使える内容ながら商用車登録になるということ。

メリットの筆頭は任意保険だ。御存知の通り軽乗用車を購入し21歳未満も適用される「全年齢担保」の保険に新規で入ろうとすると、おそろしく高い。保険会社によってマチマチながら、安いところですら年額16万円程度になってしまう。一方、軽商用車の場合、仕事で使われるため保険会社にもよるが基本的に全年齢担保となっている。保険料は前出の軽乗用車と同じ内容で年額11万円程度。

なんと1年で5万円くらい安く済む! 21歳になるまでの3年間だけで13万円以上節約出来るのだから嬉しい。さらに毎年の自動車税も乗用車より5800円安くなるため、大雑把に言って最初の3年間に15万円浮く。装備充実グレードの『FUN』(上記カタログに詳細装備が出ている)156万円。そいつが実質的に140万円になるということ。長く所有すれば、一段と割安になっていく。

手放す時も有利。当然ながら中古車で買った人も3年で15万円以上浮くから、数年後は普通のN-BOXより確実に10万円高い中古車相場展開になることだろう。当然の如く買い取り価格だって10万円以上高くなるハズ。つまり新車で買って3年で15万円の得。売るときに10万円得の、下を見て25万円浮く。156万円のFUNを買って3年後に手放せば、大笑い出来ると思う。

もちろん自分の子供が免許取ってクルマに乗るようなタイミングにN-VANを買うのもいいだろう。ジムニーと並び、私の”上がり車”の最有力候補です。N-VANのような若い人が気軽に買えるコンセプトのコンパクトカーや、少しスポーティな味付け&魅力的プライスのホンダ車に期待したい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ