N-ONE楽しそう

本日からホンダ『N-ONE』の先行受注が始まった。当然ながらスペックや価格もダダ漏れ。まずボディスペック。気になる全高は1605mm。ワゴンRが1640mmなので少しだけ低い。意外だったの、燃費です。ワゴンRの28,8km/Lにゃ届かなかったけれどムーヴと並ぶ27km/L。これだけ良ければ十分かと。

価格もリーズナブル。ベースグレードの横滑り防止装置VSAやスマートキー、オートアエコン
などを標準装備して115万円。ワゴンRやムーヴより4万円ほど高いものの、VASを考えればお買い得だと思う。さらにパンチあるのがターボエンジン搭載の『ツアラー』。わずか8万円高の123万円! 史上最安のターボだ。

『G』のLパッケージはサイドエアバッグやHIDが付いて9万円高の123万円。ターボの『Lパッケージ』なんかアルミホイールやクルーズコントロールまで加わって14万円高の137万円ときた。ただ残念なことにターボを選ぶとアイドルストップが付かない。こうなればマニュアルミッション+アイドルストップのターボ欲しい!

ココで紹介した価格は正式な数字じゃないけれど、私は「そんなもんだ」と認識してます。ワゴンRは素晴らしい仕上がりを持つ軽自動車だと思う。でもN-ONEの正式発売を待ち、当然の如く容赦ない私の試乗レポートを読んでから決めてもいいんじゃなかろうか。少なくともクルマ好きならN-ONEに惹かれますワな。

どうやらグリルなどオプションも多数あるようだ。着せ替え人形みたい? 発表は11月1日。試乗会を11月上旬に行うだろうから(それ以前にディーラーで試乗出来るかもしれません)、あと1ヶ月の辛抱。それともウワサだけで予約しちゃうか? 久々の大型新人登場といった感じ。私のようなジジイだって気になるます。

・ECOIカーアジアは「」

<おすすめ記事>

10 Responses to “N-ONE楽しそう”

  1. kanbutan より:

     確かに、マニュアルトランスミッション+アイドルストップの過給エンジン車が欲しい。 昔で言えば N360TSですかな。 楽しみが増えましたなぁ。

  2. けむけむ より:

    めちゃめちゃ魅力的ですね。
    特にターボLパッケージ。他社より実質20万位安いですね。
    こうなるとダイハツはアイサイト入れて150とかじゃないと売れないかも。
    ホンダの本気が伝わりますね。

  3. 白木 晴幸 より:

    こういうのって『あれやこれや・・・・・』と予想している時が一番楽しいんですよね(実際に買えるともっと嬉しいですけど…)。
    マニュアルミッション+アイドルストップのターボって技術的には十分可能だと思います。ただ一番のネックはやはりコストでしょう。今やオートマミッションのほうがマニュアルミッションよりコスト的には安い時代ですから。マニュアルミッション・アイドルストップ・ターボとどれも単品としちゃコストの高いパーツばかり。
    もう一つの懸念材料がマニュアルミッションをチョイスしてくれるユーザー数の問題。女性ユーザーに関しちゃほとんど期待薄。
    それでも我々オヤヂ世代としちゃマニュアルミッション+アイドルストップのターボに期待したいです。これって軽の“ドリームチーム”ですよね。

  4. 小林 英弘 より:

    軽自動車のターボ車って超超気持ちイイ&楽しいですよ! どのくらい楽しいかって、免許がヤバい位!(笑)
    …というのも、4月にウチに配属されて来た入庁3年目の新人クンが「一応MT免許なんスけど、MT車は絶対無理ッス!」と仰るヘタレ野郎(笑)。で先月末に郊外の小学校に配本(←勿論ATの軽四箱バン)に行ったら行った先から「小林さん…クルマぶつけてしまいました…」とケータイが。帰ってきたクルマを見るとまぁ…鉄骨の柱にバックでぶつけたとの事で、リアゲートはベコッ!と凹み、バンパーも同じく凹み、リアガラスは粉々に粉砕されて小学校でバケツ借りて粉々のリアガラスを入れて帰って来てるという…言葉が出ません状態(笑)。
    でそのクルマことスズキ・エブリィを市内のスズキに修理に入庫させ、代車として借り受けたのが現行エブリィ乗用タイプのド新車! この代車エブリィについては前も書きましたが、前者ターボのみという男らしいラインナップ! しかもUp!を上回るオートエアコン+2DINナビ+超自然で感性にピッタリ合ったATが標準装備!
    …で!このクルマのエンジンがヤバイんです! スズキのターボエンジンは昔から定評がありますが、こんなエブリィみたいなクルマでもそれは健在です!
    で!普段は他の公用車運転中でもトルネオ君運転中でもまったりゆったり運転なので絶対にしないのですが! 今日だけは「このエンジン!超気持ちイイ!ブン回したい!」のクルマ好きの血に勝てずに郊外の小学校へ文書連絡に行く道中のバイパスで全開ブチかまして「最高〜!」なんておバカな事やってたら前方に赤い三角形の旗を持った制服を来た県職の地方公務員の方が…
    幸い青キップで済みましたが…はがい!はっがい!(←「くやしい」程の意味)。何で今日!? まぁ違反したんだから100%私が悪いんですけどね(笑)
    なのでホンダの軽自動車のターボなんて発売されたら買っちゃいますよ!(笑) で免許がヤバいですよ!(笑) 昔のトィディ君時代でさえ名機E07Aのフィーリングの虜になって若気の至りで所構わずアクセル全開にしてた位ですから!
    N-ONEターボ、超超期待です!!!

  5. 真鍋清 より:

    小生も今使用中のヴィッツ1300U-L/102935km走行が15万kmに達したらN-ONEのツアラー(ターボ)にしようかと本気で考えている。
    何と言っても自動車税は現在のヴィッツの1/5と正しく天国だ。
    エヌワンが普及期に入る暁には大型ミニバンからのダウンサイザーもやり手のビジネスマンも挙って同車(ターボ、NA問わず)に乗りたがり、「ハイブリッドだけがエコカーじゃない」とエンジン車の新たな可能性を口コミで広めていく事だろう―ホンダ自身、兄貴分フィットに現行1.3リッターに替わる3気筒直噴1.0リッターターボを設定し、(欧州フォードのエコブースト1リッターに迫る)115-120ps程度のパワーでメイン商品として売り込んでいくのも面白いと思う。

  6. motocompo より:

    N BOXはハイフンが入らないのに、なぜN-ONEはハイフンが入るのかのいった疑問は置いといて、日本人は工業製品としてイビツな軽自動車規格を半世紀もの間、受け入れる続けるのか大きな疑問です。
    ホンダはかつて国際的に自動車として認められない軽を見限って完全に撤退したことがある。それを、ここで再び本気になって軽に乗り出したのは、国内雇用を維持するという守りのためである。
    しかしその弊害は9月前年対比で40%減もの大幅な登録車の販売不振というかたちで顕在化してる。(トヨタ・日産はともに数パーセント減に収まってる。
    税金が安いだけが取り柄のクルマに正義などない。即刻、軽自動車は廃止すべきです。

  7. やくる より:

    ターボの値段安いですね!装備が多少削られたとしても嬉しい価格です。ディーラー関係者の試乗会で試乗した人物の話では、「ターボ付きはサーキットでも走行可能なレベルでフィットの1.3より走りは良い!」とのことです。
    その時は価格が安い事を知らされなかったので食付きはしませんでしたが・・・・(笑)
    あと、マニュアルが出るなら嬉しいですね。きっと次期ビートと共用するでしょうから6MTの可能性が高いのでは?
    今年車を買ったばかりなので、UPやN-ONEのような魅力的な車が出てくると悔しいしです(涙)

  8. さね より:

    ターボ安いんですね。まあ絶対的には軽自動車としてみれば高いけど。魅力的なんだけど一台しか所有出来ない身としては、軽自動車の枠をはみだしてもうちょいデカくしてほしかった… 新型ミラージュ辺りの大きさならパッケージ凄いし、ファーストカーとして十分だったのになぁ荷室もかなり広くなるだろうし。個人的希望なのであくまでも。 にしても売れるんでしょうねぇ。自分は買わないけど… もし凄い出来上がりでスバルに匹敵する4WDシステムで充電できなくてもリッター20ぐらい走るなら、カッコ悪いと評判ですが、(個人的には結構かっこいい)三菱のPHVアウトランダーかな。モーターで常に4WD走破性能、異次元な走り、凄そうなよーな? 関係ない話でしたね。期待はずれってNワンがどうなるかわかりませんが、時期アウトランダーも含め日本車はよく期待値に届かないこと多いからなぁ…。

  9. 昔ホンダ党 より:

    いまさらMTって難しいですよね。
    昔、ATのプレリュード(ナンパ仕様)から
    MTのプレリュード(蒲鉾仕様)に
    買い換えたことがあります。
    胸のすくような加速とエンジンとの
    一体感に嬉々しましたが、
    1週間後には、やっぱATが良かったかもと・・・。
    渋滞の中で考え込みました。
    そんな私からすると、
    セミATとかロボタイドATは、
    折衷案として魅力的なんですが、
    実際どうなのでしょうか?
    あまり普及しないってことは、
    二兎を追うもの一兎を得ずなんでしょうか?
    なので、こんどUPの試乗に行ってみます。
    ロボタイドATにしっくりきたら
    判子押しちゃうかもしれませんね。
    N-ONEターボにも興味ありますが、こっちは
    ドレスアップパーツもついで買いしそうで
    結局、UPより高くつくかも^^;

  10. 買取屋 より:

    軽自動車廃止を訴えるコメントを拝見しましたが〜現在の国内生産や市場を大きく支えている事は紛れも無い事実です。技術的にも進歩してますし〜税制の問題でクルマに罪は無いです…売れないよりはマシで税収も発生しない訳ではないし…いずれにせよ〜軽自動車税は上がることでしょう…そんな事よりも狭い日本で3ナンバー車が売れていたバブル期から〜諸税維持費の負担も大きいクルマを購入するだけで今や贅沢な趣味かも…登録車が売れなくなるのは高齢化社会では必然です。やがては国内市場全体も縮小するハメになりますが…

подробнее askona.ua

источник askona.ua

читать дальше askona.ua

このページの先頭へ