スバルとマツダ、好調なのになぜ社長交代?

スバルに続きマツダも異例のタイミングで社長が交代となった。スバルは本社に不正問題で国交省の立ち入り検査など入ったけれど(不正と言ってもユーザーへの実害無し)、マツダについていえば大きな問題無し。そればかりか、スバルの吉永さんもマツダの小飼さんも業績を伸ばした功績たるや絶大。両社、来年の社長交代と思われていたほど。

なぜこのタイミングで交代なのだろう。いろいろ取材してみたけれど、こればかりは御本人から直接聞くまで解らない。とは言え個別インタビューを含め、お二人には何度も話を聞く機会があった。人柄や周囲の「おそらく‥‥」という交代理由を総合してみると、共通項がありそう。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ