マツダ3に雪道で試乗。気になっている人は買って良し!

毎年恒例になっているマツダの冬期試乗会、今年の主役は新型マツダ3でした! と言っても日本仕様の完成が間に合わなかったため、用意されたのは全てプロトタイプ。加えて、フラットじゃない雪道ということもあり、詳細な評価というより”資質”の紹介をしてみたいと思う。ただ新型マツダ3の購入を前向きに考えているというなら、決定的な情報になると思います。

今回雪上試乗会を行った新型マツダ3(プロトタイプ)は全てFFモデル。5ドアハッチバックもセダンも試乗出来た。搭載エンジンはSKYACTIV-G(ガソリンエンジン)の2リッターと2.5リッター(北米仕様)、それに極めて短い区間でSKYACTIV-D(ディーゼル)の1.8ターボが用意されていた。まずハッチバックから。

運転席に座ると、今までのマツダ車と少し雰囲気が違う。事前説明で「今回シートを全面的に見直しました」と聞いたけれど、納得出来る。詳しく書くと「座面形状を工夫し骨盤の位置を起こした」。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ