モーターフェス、自動運転車でも走らせればよかったのに!

10月6日~8日の3日間台場で開催されたモーターフェス2018は、直前に発表されたトヨタとソフトバンクの協業発表の流れで実現した豊田章男社長や孫正義会長のトークショーなど行われこともあり、好意的な報道が目立った。しかし実状と言えば、閑散としたイベントで、水増しの入場者数(通行人や他のイベントの集客もカウント)を狙った会場レイアウトを含め微妙。

一番人気はバブリーダンス! とほほ

ちなみに『モーターフェス』というイベントは2012年~2014年に日本自動車工業界(以下、自工会と略)の会長だった豊田章男社長が「東京モーターショーを盛り上げるイベントなどどうか?」と提案し、2013年秋に始まっている。第一回は公道をクローズし、古屋国家公安員の先導で元気いっぱいに(ほぼ全開?)

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ