日本専用の5ナンバー車、もはや風前の灯火状態に!

2018年8月の新車販売台数(登録車)をみると、トップ10のうち8車種が5ナンバー車です(タイプやグレードにより3ナンバー車も含む車種あり)。しかし、日本独特の“車両規格”になっている車幅1700mm未満『5ナンバー』車は今や風前の灯火になっています。ここにきて日本の自動車メーカーが、5ナンバーサイズの国内専用車開発を次々とキャンセルしているというのです。いったいなぜ売れているはずの5ナンバー車の開発がキャンセルされるのでしょうか。

例えばスバルの場合、すでに日本専用車は存在していないため、全て車幅1700mm以上の『3ナンバー車』という車種ラインナップ(※ダイハツからのOEM車を除く)。マツダも現在『デミオ』のみで、日本市場を考慮した5ナンバー車として残っているものの、世界的にみればデミオの競合車(VWポロなど欧州Bセグメント)は、車幅1750mに達しており、

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

http://eurobud.com.ua/metallocherepitsa-valensiya-polsha/

Картофелечистка

Плита индукционная

このページの先頭へ