次に買うなら車線キープしてくれる安全デバイス付きを!

東名高速で発生したバス事故はとてもショッキングだった。このような事故を繰り返さないためにも再発防止策を考えたい。今回の事故での教訓は「中央分離帯の危険性」だと考える。高速道路の中央分離帯の役割と言えば「対向車線に飛び込まないようにする」。今回の事故、中央分離帯が役割を果たしていれば、と思う。

 実際、最初に衝突したらしい左側のガードレールは、役割を果たし車両を車線内に戻している。中央分離帯も同じ役割を果たせば、大きな事故にならなかっただろう。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

электромеханический замок купить

https://alt-energy.in.ua

www.eurobud.com.ua

このページの先頭へ