WRCアルゼンチン、トヨタが王手!

参戦を開始した昨シーズンに早くも2勝。今年はさらに期待出来ると思われていたトヨタWRCながら、開幕後2位が最上位である。トヨタの関係者に聞くと「今シーズンは運ではなく実力で勝ちたいです。だから決して悪い状況だと思っていません」。なるほど昨年の初勝利はライバルの脱落に助けられた。2勝目のフィンランドも地元であり、かつ特殊なラリーだったかもしれない。

一方、明るいニュースも多い。エースのラトバラが運に恵まれていないものの、今年からチームに入ったタナックが好調である。若手のラッピも速さを持っており、ポイント獲得のチャンスとなっている最終パワーステージで4戦中2回でベストタイムを奪取。トヨタ勢が奪ったSSのベストタイムだって多い。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ