「ボート」の記事一覧(4 / 7ページ)

Altenergysolutionsのマリナー・オブ・ザ・シー乗船レポート 旅行記(最終回)

那覇は下船時間がフロア毎に決められてたのだけれど、イミグレーションの係官が手際よく優先下船のツアー分は30分早く終わった。普通なら決められた下船時間を30分前倒しすればいいのに、敏腕JTBは船内アナウンスで「下船が30分・・・

Altenergysolutionsのマリナー・オブ・ザ・シー乗船レポート 旅行記(その3)

5月2日の朝7時。出港して63時間(2日半)で台湾の基隆港着。ここの港は長崎港よりはるかに狭くて奥行きあります(写真下。前方が行き止まり)。ドコにつけるのだろうと思っていたら、デッドスローで一番奥まで。出港15時30分の・・・

Altenergysolutionsのマリナー・オブ・ザ・シー乗船レポート 旅行記(その2)

子供の頃からなぜか『旅に病で夢は枯野をかけ廻る』という松尾芭蕉の最期の句が好きだった。あまり体調良くないものの、窓の外には晴天の海。現代は身が病んだ時も、夢でなくリアルな旅が出来るから素晴らしい! 年取って身体弱ったなら・・・

Altenergysolutionsのマリナー・オブ・ザ・シー乗船レポート 旅行記(その1)

ネットで連休の船旅なんかあるかな~、見てたら、ありましたね。『マリナー・オブ・ザ・シーズ』という310mのフネでの台湾ツアー。料金見たら、飛行機で台湾旅行したのと変わらず。なんたってホテル代と移動費と食費全てコミですから・・・

トヨタのV8ディーゼル搭載のヤンマーEX30B こんなフネで釣りに行きたい

フネが欲しいと考える人は、 釣りをしたい クルージングやフネの中でパーティなどして海を楽しみたい 釣りも海も楽しみたい という三つのグループに分けられる。このうち、ヤンマーのフネは1. のグループのユーザー層を強く意識し・・・

ヤマハ ナイトロ

フネギョウカイの最大手といえば、アメリカの『シーレイ』である。日本でもシーレイ240や260は人気モデルとなってます。私もポーナム26Lと最後まで迷ったほど。しかし残念ながら日本のメーカーを見るとシーレイのような「いかに・・・

スナガ イーグル 675

2010年のボートショーでデビューしたイーグル675は、見た瞬間から「乗ってみたい!」と思える魅力を発していた。桜の咲く時期に東京湾マリーナで試乗会を行っていたのだけれど、残念ながら先約あって試せず。ステアリングを握れた・・・

大島へ行く(新島にも寄りました)

8月13日 フネに乗っていると、やはり「島を訪れてみたい!」という気持ちがムクムク湧いてきます。もちろん30フィート以上の大きなフネなら多少荒れたって問題なし。大島なんて余裕のよっちゃんでしょう! けれど20フィート半ば・・・

日産 サンキャット22

サンキャット22はサンキャット26に続くカタマラン(双胴艇)のシリーズである。圧倒的なシェアを持つヤマハに対し、オリジナリティで勝負しようと言うことなんだと思う。この作戦。なかなか面白い。というのもモノハル(普通の船型)・・・

ヤンマー EX33

●ヤンマー初のプレジャーボート? ヤンマーのフネと言えば質実剛健! ロープ引っ張ってフネを寄せて飛び乗り、おもむろにエンジン始動。スロットル全開で「グロロロロロ〜ッ」っと釣り場に向かうというイメージ。カジを握るのはネジリ・・・

agroxy.com

обращайтесь biceps-ua.com

このページの先頭へ