「クルマ」の記事一覧

ハイゼットトラックの自動ブレーキ性能はいかに?

すでにTVでCFを多数流しているためご存じの方も多いだろうけれど、ハイゼットのトラックに自動ブレーキが付いた。もちろん軽トラック初である。この市場、TVCFのバックグラウンド通り「そろそろ自動ブレーキ付きのクルマに乗った・・・

新型クラウン、市販車世界初の「コネクテッド」を採用! 凄い!

新型クラウン&カローラから採用されるのが「コネクテッド」というコンセプト。多くの人は「スマートフォンで十分」と思うかもしれない。確かにナビゲーションや情報入手ならスマーフォンを持っていれば全て可能。けれどトヨタが導入する・・・

売れないと思えるクルマをなぜ作るのか?

自動車という商品は膨大な開発コストが掛かる。新型車を出すとなれば、最低でも数百億円の投資をしなければならない。当然ながら企業にとって大きな勝負といってよかろう。しかし発表したクルマを見た瞬間に「誰が買うのか? 失敗作でし・・・

新型クラウンも受注開始。絶好調、らしい!

5月16日から新型クラウンの先行受注が始まっている。愛知トヨタなど開始日1日で1300台受注したという。他の地域も好調らしく、発表日の6月25日時点で3万台超のバックオーダーになっている可能性大。なぜか新型クラウン、昨年・・・

新型フォレスター受注開始。売れ筋グレードは302万4千円!

次期型フォレスターの先行受注が5月18日から始まった。すでにデザインなどは3月のニューヨークモーターショーで発表されているため皆さん御存知のことだろう(恵比寿の本社ショールームに北米仕様車を展示してある)。全長4625m・・・

自動ブレーキの性能ランキング

「自動ブレーキの性能差が解りにくい」という声をよく聞くため、取り急ぎ性能に基づく自動ブレーキのランク付けをしてみました。基本的な性能は4つ。最初の項目として1)停止している車両に対しノーブレーキで接近し何km/hまで自動・・・

CX-3、エンジンと自動ブレーキの性能を向上。売れなければ理由は‥‥

3年目を迎えたCX-3が大がかりなマイナーチェンジを行った。CX-3、販売計画台数は月販3000台だったのだけれど、発売して半年もすると伸び悩んでしまう。「ディーゼルエンジンしか選べないので売れない」という社内の意見に応・・・

自動ブレーキの普及で板金業界困窮。やがて私らも困る

よい話なのだろうけれど、考えさせられる内容でもあります。ここにきて自動ブレーキが急速に普及してきた。当然ながら軽微な追突事故は全て防止出来る。高い性能持つ自動ブレーキが付いていれば、追突事故の80%程度をカバー出来ると考・・・

スバルとマツダ、好調なのになぜ社長交代?

スバルに続きマツダも異例のタイミングで社長が交代となった。スバルは本社に不正問題で国交省の立ち入り検査など入ったけれど(不正と言ってもユーザーへの実害無し)、マツダについていえば大きな問題無し。そればかりか、スバルの吉永・・・

国交省が作ったシロウト監修の自動ブレーキ貶しの動画に腹抱えて笑いながら怒る

国交省が「自動ブレーキは万能じゃない」という動画を作りユーチューバー(ぷっ! 広告出る設定)になった。内容を見るのは時間のムダなのでどうでもいいけれど、システムをドコからか聞きかじっただけのドシロウトが監修したらしく、最・・・

このページの先頭へ