アロンソ、トヨタWECに! あらま!(30日)

金曜日にまた雪が降りそうな雰囲気となってきた。といっても今回タイしたことないと考えます。ただ気象庁は必ず外す! おそらく「雪に注意!」と言いまくるハズ。1月22日のように大きな障害が発生するほどじゃないでしょうね、と私はヨソウしておく。あまりビビらないでよろしい。とにかく気象庁って役に立たぬ。水道管の凍結注意喚起すら出来なかったです。

アロンソがトヨタでWECに参戦するというニュース、驚いたというより笑った~! あれほどホンダの悪口を言いまくってたので、日本の自動車メーカーが嫌いなのかと思っていた次第。F1と同じ日に行われる日本ラウンドは出ないらしいけれど、ル・マンで勝ちたいということなんだろう。果たしてどうなるか、大いに楽しみ。トヨタとホンダは違うという認識か?

この件、章男社長がコメントを出している。「LMP1のクルマに乗ってみたい…、そしてル・マンを走りたい…勝ちたい…。その想いを叶えるためのパートナーとして、トヨタを選んでくれてありがとう。今まで数々のレースを戦い、我々の誰もが経験したことのない景色を見てきたアロンソ選手がトヨタガズーレーシングのクルマに乗ることにとてもワクワクしています。

彼がクルマに乗ることで、我々のクルマが更に鍛えられていくと思います。そして、ドライバーやチームメンバー全員が耐久レースで今まで学んできたことに、彼の経験から学びとれることが加わるとトヨタガズーレーシングがどう成長できるのか…、私自身、本当に楽しみですし何より、メンバー全員がその成長を楽しみにしています。

WECという耐久レースの道で、そして、その中でも過酷を極めるル・マン24時間レースという道でアロンソ選手と共に、トヨタガズーレーシングが誰よりも長い距離を走り切れるよう…、そして、その先にある“もっといいクルマ”をお客様にお届けするというゴールに向けても、心ひとつに一緒に走っていければと思います。

アロンソ選手を迎えセブ、一貴、マイク、可夢偉、ホセ…6人のドライバーと共にトヨタガズーレーシングはゴールに向けて、“思いっきり”走ってまいります。今シーズンもトヨタガズーレーシングを応援いただければ嬉しく思います。よろしくお願いします」。今のところ、章男社長はブッチギリである。元気のある社長じゃないとトヨタのイキオイに追いつけないかと。

周囲にインフルエンザや風邪が蔓延しているのだけれど、うつりそうでうつらない。香港なんか超寒で、もはやオシマイかと思ったのに、まだ耐えている。私の場合、インフルエンザにかかったかどうかの見極めは赤ワイン。赤ワイン呑んでマヅければインフルエンザです! キッパリ! 今宵も赤ワインが美味しいので、かかってない。そんな意味でも毎晩の修行は大切だ。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

militarycenter.com.ua

www.xn--e1agzba9f.com

www.profvest.com

このページの先頭へ