マツダ3、2,2リッターディーゼルを落としたのが超残念でならぬ!(2日)

マツダ3のカタログを見て一番の「どうして~?」は2.2リッターディーゼルをラインアップしなかったことであります。アクセラの2,2リッターディーゼル、どんな基準を持ってしても「素晴らしい!」。私も何度か真剣に購入を考えたことがあるほど。なかでもマニュアルミッション車ときたら、ハンドル握ってて大笑いしちゃうくらい楽しい! ロードスターより速い?

マツダ3に現行世代の190馬力仕様を搭載してくれたら、燃費良くてスポーティという新しい価値観の『マツダスピード』にしてもいいと思う。ボルボだと2リッターで235馬力のディーゼルもあるから、その気になったらリッター100馬力くらい出せるんじゃなかろうか。アルピナみたいに”しっとり”とした味付けのクルマなら、日本で400万円/アメリカで4万ドルで売れる!

なぜ2,2リッターディーゼルをラインアップしなかったのかと言えば、おそらくスカイアクティブXが色あせちゃうからだと思う。動力性能でも燃費でも価格でも2,2リッターディーゼルに届かない、ということです。スカイアクティブX、残念なことにパワーユニットとしての”華”がありません。今からでも遅くないから、2,2リッターディーゼル積んだスポーティモデルを出して欲しい。

幸いアクセラの中古車なら未だ値が上がった買いやすいです。なかでもマイラバーであるマニュアルはお買い得! 220万円くらい出せばビカモンが買える。上のディーラー車なんか走行1万km! ヘタクソ棒付いているため、丁寧に乗られていた可能性大。漏れなくBOSEのオーディオなんか付いてます。それで221万6千円なら大満足出来ますワな。書いてて欲しくなる。

御予算もっと少ないというなら、3年半/走行4万3千kmで149万6千円(諸費用込みで163万4千円)というのもある。ディーゼルエンジンの耐久性、余裕で20万kmくらい考えていい。大切に乗れば10年使えます。もちろん6ATでいい場合、いくらでも探せる。参考までに書いておくと1500ccのディーゼルエンジン搭載車は実用車です。クルマの達人にゃすすめない。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ