今年のWRCドイツに出場する方向で進行中!(2日)

来年日本でWRCが開催されるとなれば、何としても出たいっす! 昨年はWRC招聘のお手伝いを少ししたけれど、やはり運営側で政治的な駆け引きするのは性に合わん。何より大きな流れを作れたため、以後”政治家”や”ビジネスマン”にお任せだ。お金儲けや肩書きに興味なし! クルマ好きとしちゃ阿波踊りの精神です。やっぱし踊る阿呆がイチバン楽しい!

とは言え出場するには道具必要。トヨタの1600cc4WDターボは来年に間に合わぬ。かといってWRX STIをこれから手に入れるほど御予算無し! ということで、以前からの計画通りラリーカーをレンタルすることにします。とりあえず今年のWRCドイツに出場する方向で話を進めている。クラスだけれど1600ccターボの『R5』クラスは卒業制作予定なのでパス。

1600ccターボの『R3t』か1600ccターボ無しの『R2』か迷った末、少しでもパワーあった方が楽しいということで前者にします。ヨーロッパに行くとレンタルのラリーカーがたっくさんある。上の写真は候補のルノー・クリオR3t。けっこう本格的なスペック。パドルシフトだし。すでに何チームかと話をすすめており、金額も折り合い付きそうな雰囲気になってきた。

WRCドイツで上手く行けば、来年はそのチームのクルマを借りてWRC日本ラウンドに参戦だ! 人間という生き物、若い頃にピークを迎えていなければ65歳までは伸びる余地あるらしい。65~75歳までは気合いと持って生まれた素質。75歳以上になったらイッキにジイサンになるという。私は今年60歳。あと5年だけ競技車両とお付き合いさせて頂きたいと思ってます。

人生、夢や希望無くなったらツマらん。今年は6月にラリー映画封切りになり1段目ロケット点火! 夏はトヨタがWRCで活躍し盛り上がる。秋口になればWRCジャパン開催決定で2段目ロケット点火! すると「WRCに出場したジジイもいるらしい」と少し話題になり、来年はけっこう楽しめるぞ--という捕らぬ狸の皮算用でありました~。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

biceps-ua.com

https://diploms-home.com/kupit-diplom-o-vysshem-obrazovanii-v-moskve.html

https://best-mining.com.ua

このページの先頭へ