修行重なる

そういえば月曜日は日記になってませんでした。朝から潮風公園でスバルの新型車『XV』の取材。CT誌の企画でインプレッサ5ドアと比較試乗したのだけれど、XVの乗り心地の悪さに愕然とした。まるで20年前のスバル車に戻った感じ。極上の乗り心地を持つインプレッサと比べたらウなるばかり。

どうしてガタピシマシン3号(直近だと1号オーリス。2号ノート)になったのだろうか? このクルマを同業者の皆さんがどう評価するか楽しみ。XVを考えている読者諸兄がいたら、ぜひハンコを押す前にインプレッサも試していただきたく。それでもXVの乗り心地に納得できたらどうぞ。スバルの開発陣、どうした?

急いで帰宅して原稿書き。今週はたくさんイベントや試乗会が行われているものの、26日売り号の締め切り時期なので全く動けない。私は観艦式に行った1日だけロスしたのみながら(もちろん帰宅してから原稿は書いた)緊急事態から出られてなくなってしまってます。熊本の方から頂いた大きな梨を食べて原稿書き修行。

10173_001

今日も6時に家を出て小淵沢で行われているCR-Zの試乗会。駐車場の横が小海線の線路になっている。1日何便かしか走っていない路線なのだけれど、たまたま踏切がカンカンカン。ムカシのDNAが突如目覚めて写真なんか撮っちゃいました。3,3%と言う急勾配区間ながら、現代のディーゼルって速い!

10172_001

写真撮ってるヒマなんかねぇだろ!

帰宅して調べてみたら現代と言っても平成2年から走っているそうな。420馬力のカミンズ製6気筒直噴ディーゼルターボを搭載している。小海線、ムカシは急勾配用のキハ52という180馬力のエンジンを2基搭載したモデルですら、エンジン全開でノロノロ登っていた。軽量ボディ420馬力なら速くて当然?

CR-Zだった。上質な乗り心地になっていて驚く。絶対的なパフォーマンスも明らかに高くなった。このまま進化させていけば、面白いスポーツカーに育つかもしれません。終了後、これまた東京まで直帰して原稿修行。果たして明日までに与えられたミッションを遂行できるのだろうか?

原稿修行を中断してうなぎ屋修行を行い、終了後、六本木のTV朝日まで移動。日産の自動回避システムについてモーニングバード用の解説の収録修行。

<おすすめ記事>

2 Responses to “修行重なる”

  1. 細川 より:

    師匠!テレビ観ました!観ました!
    なかなかのアップでしたね(笑)。
    日産の各種技術。
    テレビでは反応速度の良し悪しまでは分りませんでしたが、
    今後は逆走を含めまともでない運転者が増えることを考えるとあれはあれでアリなのかと。
    実際、脇見での信号無視や人身事故も多いかと思うので個人的には地味ですが良い技術だなと感じました。
    ちなみに、アレで映画のアクションシーンを撮影すればCG無しで、多数のクラッシュ車のなか主人公の車がスイスイと…。
    技術って凄いですね。

  2. applefanjp  より:

    師匠、お忙しいみたいですね。
    このページをはじめとして
    それぞれのサイトの更新の状況を見ていて
    いっぱい、いっぱいが伝わってきてました!
    なしを紹介していただいて
    ありがとうございました!
    今年もおいしいなしを作ってくださいました。
    この梨園の方、お名前を「休(やすむ)」さんとおっしゃるのですが
    とっても良い方なんです。
    どうぞ、ご賞味ください。
    でも、アルコールも良かったかなあ。
    仕事もばりばりはかどって!笑
    ちょっと冷えてきましたね。
    風邪など召されませんように。

honda.ua/cars/civic_sedan_2013/opisanie_modeli/

https://agroxy.com

http://3kovra.com.ua

このページの先頭へ