車両盗難対策にGPSトラッカーを試してみることにします!(11日)

今やリレーアタックやコードグラバーなど、自分のクルマを盗まれる可能性はヒジョウに高くなった。いかんともしがたい! いろいろ考えた結果「GPSがいいんじゃね?」ということに。スマホもGPS付きになったほど。アイフォーンなんか無くしたら探すことだって可能。ということでGPSの発信器を自分のクルマに付けておけば、盗まれたってどこにあるのか解るという寸法。

探してみたら数多くのGPSトラッカーが出回っている。あまり報道されてていないものの、それだけ盗難事案多いと言うことなんだろう。明らかに自動車やバイクの盗難を前提にしたGPSトラッカーも多い。なるほどGPSトラッカーが付いていれば、信号消えた位置まで追跡は可能。たいてい盗難車両を海外などに運ぶための倉庫等です。そこを突き止めれば様々な対応も可能だ。

もちろん犯罪組織だろうからカタギの人が急襲することは絶対にすすめない。警察に届け、事情説明すれば警察だって手柄を取りたいと思っている。現状、自動車の盗難についちゃ”役立たず”状態ですから。盗難組織でも挙げられたら凄い実績だ。私だって大いに褒めちゃいます。ということでポチってみたのが下の製品。様々な製品を吟味した結果、最も良さそうだったから。

果たしてどんな効能持つのか、はたまた本当にクルマの場所を追いかけられるのか全く解らないけれど、とりあえず試してみることにします。クルマだけでなくハーレーなど盗まれる可能性の高いバイクなどにも有効。8900円で済めば、高価なセキュリティシステムと比べてもコスパは高そうな気がする。もちろん全然ダメということだってあるので、効能についちゃしばしお待ちください。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ