初キス

ついに辛抱タマラナクなり、6時に起きてキス釣り。久々の釣り修行でございます。マリーナから東京湾に出ると何とステキな日なんでしょう! 天気良好で風は弱く、しかも涼やか。こんな日に遊びに行かなければ神様に怒られるってモンだ! とりあえず進路は初夏のキス釣りの名所、中ノ瀬へ。

しかぁし! 出会う釣り船は全て木更津方面に進路を取っている。どうしたんでしょ? 風の塔を過ぎ、いつもなら中ノ瀬の釣り船団が見える頃になったのに誰もいない。こら釣れないってことだと判断。経験上、プロに付いていくのが確実である。横浜方面から中ノ瀬を横切って木更津に向かうフネに取り舵でツケマイざんす。

6061_001

360度釣り船という状況。下を見て100くらいフネが出てます

すると木更津沖に大船団が! キス釣り、人気なのね〜! 小さいサカナなんだけど、釣って楽しいし食べても美味しい。普通なら初心者にも釣れる。天気の良い休日にノンビリ釣るにゃ最高でしょう。ということで8時過ぎから竿を出すと、やがてブルブルと小気味の良い引き! けっこう大きなキスです。

ひっきりなしに掛かる、といった状況でこそないけれど、飽きないペースで釣れる。しかも良型揃いだったりして。遠藤さん、キスが待ってますぜ! さすがに10時過ぎるとアタリは遠のいたけれど、潮止まりの11時までで11匹。晩ご飯のおかづにゃ丁度良い感じ。私の場合、なぜか食べられる量しか釣れない。

6062

バックは木更津の工場群。海はキレイです

誤算はクルーが1匹も釣ってくれなかったこと。今日は先々週フネの免許を受験した笠井君も一緒だったのだけれど、見事なオデコ! 背中合わせという釣り座の上、エサと仕掛けまで同じ。何で釣れないのか不思議でしょうがない。ま、そこが釣り修行の面白いトコロだったりする。

午後から中野。こちらも天気良く、お客さんに恵まれました。2回も売り切れて「準備中」となってしまったほど。しかも今日は統計的に「お金が無くならない日」なので安心でございます。夜は岐阜の知人が来てネオチューンの味見。やっぱし効果有り! 久々に楽しくてノンビリ過ごせた日でした。

6063_001

けっこう良いサイズ

夜はキスの天ぷらで一杯。釣りたてのキスって、いわゆる悪い意味でサカナのニオイが一切しない。しかも白身がホクホクしてて、大きいサイズだと脂も乗っている。こら食べたことがないと解らないと思う。次にキスが食べられるの、いつかしら?

<おすすめ記事>

2 Responses to “初キス”

  1. s308sti より:

    いえいえ、出航していただき、船で免許受け取りに行き、洗艇して、鰻も食べてと充実した1日でありました。
    次回は藻を落として、オーディオ付けてのゆるい修行をいたしましょう(笑)お付き合いいたします。

  2. kanbutan より:

      s308sti様、おめでとうございます。 免許取れたのですね、次のオフ会の時は愈々船長ですね。 お店で見せて貰った難解な問題集、私には絶対無理ですな。
      それより取れたてのキスの天ぷら、旨かったでしょうな。 そっちの方が気になります。 お店で御大が仰っていた旨い酒、 こいつを賞味するには電車で行くか、 泊まりじゃなければ駄目ですな。 最も旨い酒等いつまでもある訳ないだろと大向こうから声が聞こえてきそうですが!

shopvashtextil.com.ua

https://sledoc.com.ua

agroxy.com/prodat/oves-122/kirovogradskaya-obl

このページの先頭へ