赤い三菱

ラリーに出るとなれば、ユルみきった身体を立て直さなくちゃならん! トレーニングしていても、けっこうハード。なんせSS中は遮熱材も無いラリーカーの窓を締め切って走らなくちゃならない。酷熱のタイだから60度近いです。しかも毛布のような耐火スーツ着てヘルメット被り、手袋までしてる。

SSの時間は2日間で120分少々。2日間でサウナスーツ着て8分間のフルダッシュを15回やると思えばいい。タルんだ生活をしてるヲヤジに耐えられるワケ無し。SSを5〜6走ればグローブを脱着でユビがツる。曲がったまんま、動かなくなります。足もツってブレーキ踏むチカラが抜けちゃう。

セーブして走ったら勝つチャンス無し。そもそも危ないし。したがって本日から週3ペースでジムのトレーニングでございます。初日はさすがに辛い。ジムに行かない日は自転車で中野通いか、ジョギング。幸いラリーまで50日。絶対的な筋力こそ不足気味だろうけど、何とか間に合うと思う。

Evo6_4

エンジンとショックアブソーバーはOHしたばかりとのこと

ラリーカーは上の写真のランエボ6。車両レンタルは交換/消耗パーツ分の25万バーツ(63万円)を負担すればOKだという。2日間/SS距離240kmのラリーに出場すれば、それ以上の部品交換が必要になる。ちなみに1シーズン走った私のラリーカーをメンテしようとしたら、150万円コース。

石井兄からのメールにある「日本人ドライバーの操るブルーのスバル」じゃなく「赤い三菱」ながら、今回もタイの人に送るメッセージを車体に貼りたいと思っている。心配は一つ。私の場合、毎回ラリー時に「出走出来なくなるか?」級の深刻なトラブルが起きます。それがイチバン不安。

<おすすめ記事>

One Response to “赤い三菱”

  1. applefanjp より:

    マシン、整備、
    そして、ドライバー!
    準備バッチリじゃないですか!
    何ですか?その不安の種とは?
    何だろ、何だろ?

www.chemtest.com.ua/generator-vodoroda-gvch

здесь agroxy.com

baden-medservice.com

このページの先頭へ